新郎新婦

結婚指輪で誓う永遠の愛|個性のあるオリジナルデザイン

結婚前の誓い

装飾品

婚約指輪は女性の憧れですよね。婚約をした場合は、男性から婚約指輪を女性に贈ることが一般的となっています。婚約指輪は結婚指輪とは違ったリングとなり、エンゲージリングとも呼ばれています。婚約指輪は、結婚を誓い合うことだけではなく、これから一生の愛をお互いに捧げる指輪でもあります。

婚約指輪が始まったのは古代ギリシャ時代と言われています。当時のギリシャでは子孫繁栄が目的となっており、愛が重視されているわけではなく、家同士の身分や財産が重用視されていたと言われています。その際に、新郎が新婦の家にお金を納め、その証として指輪が新婦に手渡されていました。
現代のように、婚約指輪の歴史はロマンチックなものではありませんでしたが、指輪を新婦に贈る習慣だけが残った為、婚約の際には男性が女性へプレゼントとして婚約指輪を贈ることが主流となっています。

婚約指輪が日本に普及したのは1960年代とされており、比較的日本での婚約指輪の歴史は浅いとされています。婚約指輪が普及し始めた頃は、今のようにダイヤモンドではなく、真珠や誕生石による婚約指輪が一般的となっており、現代のようにダイヤモンドの婚約指輪となったのは、ごく最近のことだと言えるでしょう。
婚約指輪には様々な種類があり、婚約指輪のデザインによって値段もいろいろとあります。ですが、最も重要となるのはアフターサービスです。サイズ直しが必要となる場合に備えて、アフターサービスが充実しているお店で婚約指輪を購入しましょう。